Medical Education


医局説明会のご案内 セミナーのご案内 骨バンク 北里大学医学部整形外科学研修プログラム 外来・病棟写真 Scene of Ward etc

教育プログラム

[ 前期研修プログラム ]

平成16年度から、新しくスーパーローテーションが全国的に導入されました。

北里大学病院では、平成17年度から研修1年目の必修「外科」を一般外科だけでなく、整形外科でも研修することが可能となりました。現在の外科の研修では、四肢の診察や診断は研修することができません。これらの項目はどこにいても最低限必要な、プライマリケアにおける基本的な手技だからです。すなわち必修の外科の一科目として整形外科を選択することが可能となったのです。

整形外科を目指す皆さんはもちろんのこと、家庭医、あるいは総合内科医として、開業を目指す皆さんに適したプログラムを用意しています。もちろん研修2年目の選択科目の中にも入っていますので、より高度な研修を希望される皆さんは、1年目の必修での研修に続いて2年目の選択科目として研修することによって、整形外科医としての基本的項目をすべてマスターすることが可能となります。

[ 後期研修ならびに専門教育プログラム ]

当医局では、各Staffの紹介に書かれているような最先端の外科学を、学習及び身に付けて、臨床で行なえるまでの教育プログラムが組まれています。また、当医局では、地域連携医療を大切にしております。それゆえ、出向医院及び外勤務では総合病院から小さな医院まで幅広く選択肢があり、各自の将来展望に合わせた医療技術を身に付ける事ができます。

A.整形外科
専門コース
B.整形外科
プライマリケア・コース
C.基礎研究
(大学院進学)コース
卒後3年次 北里大学病院・
東病院救命救急センタ—
外傷部門で研修
北里大学病院・
東病院救命救急センタ—
外傷部門で研修
大学院進学+
北里大学病院での
臨床研修
4年次
5年次 関連協力病院出向
6年次 チーフレジデント
7年次     北里大学病院・
東病院救命救急センタ—
外傷部門で研修
それ 関連協力病院出向
留学(国内・国外)
大学院進学
助教就任
(専門分野の追求)
関連協力病院出向
留学(国内・国外)
大学院進学
助教就任
(専門分野の追求)
以降 チーフレジデント

病棟医

この2年間で各Staff専門分野ごとの基本的診断方法・治療方針の考え方・手術手技・後治療を身に付けて貰います。 また大学院進学・医学博士号習得希望者は進学できます。

病棟医(レジデント)・サブチーフ・チーフ

卒後2年間の初期研修を終了すると、整形外科に病棟医(レジデント)として4年間の入ることができます。

最初の2年間はチーフレジデントの下で主に病棟で患者さんの受け持ち医として、整形外科専門医となるべく臨床研修を開始します。整形外科は他の科と異なった診察法や治療大系がありますので、患者さんの診察、検査から処置、治療計画までチーフや病棟主任の指導に基づいて理解を深めてもらいます。

なお受け持ち患者の手術には必ず入ってもらいますが、興味のある症例は手洗いして研修することが可能です。少したつと、骨折の治療に用いた内固定のためのピンやプレートの抜去などの、簡単な手術から上級医師の指導を受けながら術者として、執刀することが可能となってきます。次第に骨折の観血的整復、プレートや髄内釘による内固定術などの手術にも術者として参加することができるようになります。

3年目はサブチーフ、4年目はチーフレジデントとして病棟主任とともに病棟の運営、全体の管理に携わります。最も大切な仕事は、手術予定で入院する患者さんの術前外来を担当し、術前検査、貯血などのスケジュール管理で、手術予定がスムーズに流れるよう調整する仕事です。

臨床的な仕事の面では、さらに人工骨頭置換術、関節鏡検査あるいは鏡視下手術など難易度の高い手術などの執刀も可能となってきます。また初期2年のレジデントの教育も重要な任務で、下の人達を教育することで、自ら学ぶようになりさらに大きくなることを期待しています。

この臨床研修を通して得られた知識が、日本整形外科学会専門医試験に向けて大きな糧になるのです。また臨床研修を通してわいてきた疑問については、次のステップの助手(研究員)に進んで臨床的な仕事をしながら、あるいは大学院に進学して研究を始めることが可能となります。

7年以降・助手(研究員)

初期研修から整形外科研修期間では、みっちり臨床研修を行うが、その後助手(研究員)に進み、さらに専門を特化した訓練を積みたい希望がある場合には、その専門分野に属して専門領域の能力を高めることができる。たとえば関節鏡やスポーツ障害などをもっと深く勉強したい人は「膝班」に、変形性股関節症や大腿骨頭壊死の病態解明や治療について勉強したい人は「股関節班」に所属していくことになる。これらのほかに「外傷」、「小児」「リウマチ」など専門外来を開設して、専門家がこれに対応しているので、興味のある班に所属することで専門分野をより深めていくことができる。これは診療に限らず各分野毎に取り組んでいる研究テーマにも参加できることを意味しており、病棟医時代から臨床で感じた疑問を基礎的な手法を用いて解決する研究への道にもつながっている。臨床をしながら基礎的な研究を進めることは決してたやすいことではないが、助手(研究員)として基礎的な研究を進めて、博士論文を書いた人は多い。

助手が終了すると、大学では診療講師、専任講師などの教育職につくが、このころになると市中病院に出向したり、就職あるいは開業する人がかなり多くなってくる。一方、基礎研究にはあまり興味がないが、整形外科全般の臨床力をもっとつけたいと思っているひとは、大学よりも患者の種類の多い一般の病院で修練するほうが適している場合が多く、希望によって中規模の病院や無償の医院などに出向することができる。より深い基礎研究に従事したい人は、大学院に進学することが可能である。北里大学では、医学部と医療衛生学部が一体となって医療系研究科を運営しており、両学部からでた教員が大学院生の教育に当たっている。種々の分野の優秀な人材を豊富に擁しており、協力し合って学生の研究を手助けできる環境ができている。