Staff


セミナーのご案内 骨バンク 北里大学医学部整形外科学研修プログラム 外来・病棟写真 Scene of Ward etc

スタッフ紹介

一覧


  • 講 師
  • 小沼 賢治
  • Onuma Kenji
  • 上肢、関節リウマチ

私は、主に肘関節から手指までの骨折、靭帯損傷、腱断裂などの外傷、変形性関節症や関節リウマチによる関節障害、手根管症候群、肘部管症候群などの末梢神経障害を中心に診療しています。学生時代、研修医時代は自分に手術ができるようになるのか不安でしたが、医師免許をとったからには、メスで患者さんを治す治療に関わりたいという気持ちが強くなり、医師免許取得後4年目に思い切って内科から整形外科に転科しました。今では年間約150症例の手術を行っています。手術には毎回万全を期して望みますが、どんな単純な手術でも不安な気持ちも持ちあわせて行っています。それだけに術後に予定通り、患者さんの症状が良くなると、患者さんだけでなく自分も嬉しくなります。これは、内科では味わえない感覚ではないかと思います。また、今日の整形外科学は基礎研究も臨床研究も意外と身近なところに明らかになっていないことが、まだまだ沢山あります。先進技術ではiPS細胞から神経、軟骨、骨を再生して手術で利用する時代もすぐそこまで来ています。大学病院のメリットは、基礎研究と臨床を両立させて、深く勉強、研究しながら、それを臨床に還元できるところにあると思います。手術に興味があるけど自信が無いという先生も、基礎研究に興味があるけど難しそうだなと思っている先生も、是非思い切って整形外科に入局してみてください。きっと、やりたいことが見つかりますよ。

[ 経歴 ]
1998年 杏林大学医学部卒業、杏林大学第二内科 内科研修、 2001年 北里大学整形外科、 2009年 北里大学大学院医療系研究科博士課程修了、 2010年 北里大学医学部整形外科学 助教、 2012年 北里大学医学部整形外科学 診療講師、 2014年 北里大学医学部整形外科 講師
[ 学位・専門資格など ]
博士(医学)北里大学 甲第745号、 日本整形外科学会専門医、 日本整形外科学会リウマチ医、 日本リウマチ学会専門医、 日本体育協会スポーツドクター、 身体障害者福祉法第15条指定医
[ 研究テーマ ]
同種骨軟骨組織の保存方法の研究